出張撮影

 

当方の出張撮影(お宮参り、七五三、家族写真)は代表カメラマン自らが現場に伺い撮影を行います。また代表カメラマン自身が現在子育て中なので、お子さんのいる親御さんの気持ちに寄り添い行動します。東京、神奈川、横浜、千葉、埼玉の出張撮影はボンジュールフォトにお任せください。お宮参りレンタル着物もございます

 

子供は親を選び産まれてくる

 

子供は親を選び産まれてくる
 

このお話はとある神社へ撮影に伺った際に神主さんがお話してくれた内容になるのですが通常記憶と言うのは最古の物で3-5歳くらいの断片的な記憶くらいしか残らないそうなのですが外国の退行睡眠の研究をしている機関で多数の人間に退行睡眠の実験をしてみると大抵の人はお母さんのおなかの中にいた時の記憶やそれ以前の記憶まで辿る事が出来るそうです

 

その中で私が興味を持ったのが赤ちゃんがお母さんに受胎する前、おそらく天国のような場所で赤ちゃんが沢山集まり会議をするそうなのです。そこで赤ちゃんは「ぼく(わたし)はこのパパとママの子供になる」と赤ちゃん会議をして決定した後、そこの家(パパとママ)の子供になるそうです

 

私はこのお話を聞いてとてもロマンチックで素敵なお話しだと感動した記憶がございます。そう言われてみれば、お宮参りなどの撮影をしていると月齢一か月くらいの赤ちゃんはよく空を見上げる事が多いです。これはママのおなかにくる前にいた天(国)を懐かしんでるのかな?私自身そんな風に思う事が多々あります

 

別の文献にて興味深いものがありましたので記載します

 

前世の記憶を持つ子どもに共通する不思議な事例
・雲の上にいた記憶がある
「産まれる前はね、神様と一緒に雲の上に立ってたんだよ、楽しかったなあ。地上にはママたちがいっぱいいるんだけど神様が『自分のママを探しなさい』って」


・母親の出産を待っていた記憶がある。

4歳のルーカスは母親に文句を言った「ぼくが天国でどれだけ長くママのことを待ってたか知ってる?もう、ずーっとずーっとだよ」

・天使だった記憶がある
「もう飛び方を忘れちゃった。今度はいつ羽が生えるの?」子どもたちが語る天国はこの上なく幸福そうだ。「夜中に天使が現れて天国に連れていってくれて、10年前に亡くなった祖母に会わせてくれた」 

 

ウェイン・W・ダイアー博士(2015年8月没)の遺著となった『Memories of Heaven』に掲載

更新日 2021年8月1日
著者 古田晃広