出張撮影のボンジュールフォト

お子様の幸せを願い、ご家族様にとって宝物になる想い出を残します

出張カメラマン

東京都渋谷区のお宮参り、お食い初め、七五三、家族写真、お誕生日、結婚式写真で人気のボンジュールフォトにお任せください。子供好きなカメラマンがおしゃれで心温まる写真を撮影します。お宮参り、お食い初め(百日祝い)、七五三、家族写真、結婚式、桃、端午の節句、入学卒業、入園卒園、誕生日、バースデー、成人式、還暦、古希の祝い、米寿、卒寿、 集合写真などの出張撮影に対応します

おしゃれ、神社、お宮参り、七五三、家族写真

 

当方の出張撮影は何枚撮っても同一料金。お宮参り、家族写真なら東京、神奈川で土日祝、平日問わず出張費、撮影料金、交通費など全て込みで60分25,000円(税込)【100枚以上の写真データを納品※平均120~150枚(枚数制限なし)】東京都下、千葉、埼玉は60分27,000円(税込)

 
おしゃれ、海、お宮参り、七五三、家族写真
 

ボンジュールフォトはカメラマンを派遣するエージェントでは無く代表カメラマン自ら現場に伺います。撮影場所のTPOにあった服装、ルールやマナーを尊重した撮影を行い、またカメラマンは事前にロケーションをリサーチして撮影ポイント、ポージング、アイデア等を全てナビゲートします
 
1-5歳くらいのお子様がいる方は子供がカメラマンに迷惑を掛けないか心配されますが当方のカメラマンは子供好きで、自身も現在子育て中なので子供の扱いに慣れています。ご安心して依頼ください

 
おしゃれ、自宅、子供、犬、お宮参り、七五三、家族写真、明治神宮、寒川神社
 
お宮参り、お食い初め、家族写真など
出張撮影のご依頼は下記のメール
bonjourphoto@hotmail.co.jp
またはフォームよりお願いします
 
お電話での依頼は 080-7366-6691
宛にご連絡ください
 
おしゃれ、神社、夏、お宮参り、七五三、家族写真、明治神宮、寒川神社
 

ボンジュールフォトは撮って出しの写真データをそのまま納品ではなく、1枚ずつ丁寧に編集ソフトにて明暗、色調、コントラストなどを補正し納品しております。10年、20年後も見返す写真だからこそ普遍的で温かみのある、ご家族様にとって宝物になる写真を提供しています

 
おしゃれ、誕生日、バースデー、お宮参り、七五三、家族写真、明治神宮、寒川神社

【渋谷区の神社、寺院】
明治神宮、東郷神社、代々木八幡宮、金王八幡宮、鳩森八幡神社、渋谷氷川神社、豊栄稲荷神社、宮益御嶽神社、恵比寿神社、幡ヶ谷氷川神社

 
新宿区・豊島区とともに「副都心3区」とされる。また、不動産業界においては千代田区・中央区・港区の「都心3区」に新宿区と渋谷区を加えて「都心5区」と称される。区内全域が武蔵野台地上の高台にあり、東京の山の手地区を構成する
 
ターミナル駅である渋谷駅周辺(渋谷)は新宿・池袋とともに三大副都心の一角をなし、東京を代表する繁華街である。渋谷駅ハチ公口前にある渋谷スクランブル交差点や渋谷センター街は、「若者の街」の典型としてニュースなどで報道されることが多く、全国的に有名である。新宿駅に近い代々木や千駄ヶ谷も新宿と一体となって繁華街・オフィス街となっている。ほか、西新宿に隣接する初台や本町にもオフィスビルが多く存在する
 
原宿・表参道(神宮前)及び隣接する港区の青山エリア(南青山・北青山)は日本のファッションの中心として知られるほか、代官山や恵比寿には商業施設やセレクトショップなどのファッション・アパレル関連産業が多数集積している
 
区内には明治神宮や代々木公園といった広大な緑地が存在し、周辺には松濤や代々木上原、代官山といった山の手の高級住宅街も点在している。同様に高級住宅地として知られる広尾は麻布区(現在の港区)に起源を持ち、現在でも麻布に近い地域性を持つ
 
上記の初台、本町のほか幡ヶ谷や笹塚といった区の北部は渋谷の中心部から離れており、甲州街道や京王線の沿線にあるという特性上、昔から新宿との結びつきが強い。とはいえ渋谷区の一部であり、2022年秋には「北渋フェスティバル」やランニングを楽しむ「北渋マイル」を開催し、「北渋」として地域おこしを図る動きもある。これら区北部は下町情緒あふれる庶民的な商店街が数多く存在するなど、新宿区や中野区のターミナル駅周辺以外のエリアに近い雰囲気を持つ地域である。しかし、地域内に存在する緑道や水道道路の再整備が計画されているほか、駅周辺でも大規模な再開発が行われており、近い将来に街の様子が変貌する可能性がある
 
1970年辺りまでは、「若者の街」「若者文化の流行の発信地」といえば、新宿であった。しかし、1973年に渋谷パルコの開店があり、日本における若者文化の歴史が大きく変化した。その流れは「新宿から渋谷、または渋谷区全体へ」(つまり原宿、表参道、代官山、裏原宿方面も)と移り変わっていくこととなる
 
渋谷
「若者の街」として知られる繁華街である。道玄坂や桜丘町などの地域を含む。街の中心に位置する渋谷駅は山手線南西部のターミナル駅であり、新宿駅に次ぐ世界2位の利用者数を誇る(直通人員を含める)。東急や東急不動産を中心とした東急グループの拠点であり、商業活動が活発である。また、港区の六本木などともにIT企業が集積している地区としても知られる[7]。近年は東急グループが主導の再開発により、渋谷の高層ビル化とオフィス機能を併設した複合商業ビルの建設が進んでいる。渋谷駅ハチ公口(スクランブル交差点)側に百貨店やファッション専門店、飲食店、カフェなどが密集しており、公園通り、渋谷センター街、道玄坂、スペイン坂には大小の店舗が並び、SHIBUYA 109など大型商業施設が存在する
 
裏原宿(うらはらじゅく)
「サブカルチャー系」文化発信地。いわゆる「渋谷区全域」を繋げる役割のある重要な地帯で1990年代を例に出すなら「渋谷系」を表すサブカルチャー地帯。渋谷区全体はサブカルチャー系の文化発信地ではあるが、渋谷区の中でも特に裏原宿はその傾向が強い。1990年代、渋谷系というサブカルチャー色の強い音楽ジャンルがもてはやされたTOWER RECORDのある 神南エリア辺りまでを含めた渋谷区神宮前からアパレル関連業者が集まる同区千駄ヶ谷に至る、原宿周辺界隈の服飾洋品店が集まっている一帯。そのなかで、特に表参道中心寄りの「原宿通り」や「渋谷川遊歩道(通称:キャットストリート)」の南北に伸びたエリア周辺を指す。代々木公園は、大道芸人、パフォーマンスアーティスト、若い世代のコスプレ愛好家に人気のスポット。公共放送NHKの本部(放送センター)には、交響楽団の定期演奏会が開かれるNHKホール、文化的な展示やテレビの表彰プログラムに使用されるスタジオパークがある。 神南エリアには有名セレクトショップやブランドの路面店が集積している
 
原宿
「kawaii」文化発信地。住所上は渋谷区神宮前。 竹下通りは若い女性向けのショップが集積しており、観光地としても有名である。商業エリアであるが、路地裏には住宅街とアパレルショップ、美容院などが混在したエリアが広がる。表参道モード文化の発信地。世界中のモードに関するブランド(ハイブランド、高級ブランド)店が並ぶ大通り。日本だとCOMME des GARCONSなど。フランスならLOUIS VUITTONやDior。イタリアならD&GやGucciなど。世界的なファッション雑誌『VOGUE』などパリ・コレクション、ミラノ・コレクション、服飾系専門学校をイメージする装苑などの、モード文化発信地(若者がお金を持っていた1980年代の「カラス族」や「DCブランド」などといったモードファッションの歴史でも有名な街)である。街路樹が立ち並ぶ表参道周辺には、ハイブランドをはじめとしたアパレル関連の店舗および事務所、美容室が集中する。2006年には同潤会アパート跡地に表参道ヒルズが開業した。隣接する港区の青山エリアとともに、東京を代表する「ファッションの街」である
 
代官山
「洗練系オシャレ」(落ち着いた意識高い系清楚オシャレ)文化の発信地。渋谷区の中では表参道などに次ぐファッションエリアであり、旧山手通り沿いには飲食店が立ち並ぶ。また、高級住宅街でもある
 
恵比寿
近年はオフィスビルが増え、日中はビジネスマンで賑わっている。ヱビスビール工場跡地に建設された恵比寿ガーデンプレイス(一部目黒区にも跨る)が、現在の恵比寿に発展するきっかけとなった
松濤
都内を代表する高級住宅街の一つ。渋谷駅からも徒歩圏内であり、道玄坂などにも隣接している。邸宅が多いが、渋谷区立松濤美術館など文教施設も点在する
 
代々木・千駄ヶ谷
新宿駅・甲州街道南側の一帯であり、駅周辺は繁華街・オフィス街となっている。髙島屋新宿店(タカシマヤタイムズスクエア)やJR東日本本社ビルなどが所在する
 
代々木上原
都内を代表する高級住宅街の一つ。特に小田急小田原線・千代田線代々木上原駅北側の大山町周辺には豪邸が立ち並ぶ
 
表参道
都内を代表する高級住宅地のひとつ。港区南青山・北青山に隣接している。大使館が多く、異国情緒あふれる街である。商店街や外苑西通り沿いにはカフェや飲食店が目立つ
 
幡ヶ谷・笹塚
区内最北端の地域であり、渋谷よりも新宿に近い。商店街やアパートが多く渋谷区の中では庶民的な地域である。近年駅周辺や緑道で再開発が進む
 
初台・本町
幡ヶ谷や笹塚に似た特徴を持つが、西新宿に隣接しているためオフィスビルが多い
 
渋谷区は1932年(昭和7年)に設置された。同年、それまで15区で構成されていた東京市に隣接する5郡82町村が編入され、豊多摩郡に属していた渋谷町・千駄ヶ谷町・代々幡町の3町をもって東京市渋谷区が成立したのが始まりである
 
渋谷区の成立には一悶着があり、必ずしも当時の住民の満足できる結果とはならなかった。渋谷町とともに渋谷区の一部となることになった千駄ケ谷町・代々幡町が、渋谷区になることに消極的であったからである。千駄ケ谷町は昔から四谷区や赤坂区との関係が深く、町域が都心に近かったこともあり、当時「郊外」のイメージが強かった渋谷町と一緒になることには消極的であった。代々幡町も古来より新宿との結びつきが強かったため、新宿に近い淀橋町などと一緒の区を形成することを模索しており、渋谷町と一緒になることには反対の姿勢だった。しかし、東京市編入の際には同じ郡に所属する町村同士で1つの区を形成するというルールがあったため、豊多摩郡の南端にあり互いに隣り合う渋谷町・千駄ケ谷町・代々幡町が合わさって一つの区を形成することは避けられず、千駄ケ谷町・代々幡町も渋谷町と一緒になることを渋々受け入れた。その後、区の名称を決める際にも、千駄ケ谷町や代々幡町は明治神宮の所在地として全国的に有名だった代々木を採用し「代々木区」とすることを提案したが、渋谷町は「渋谷区」で譲らず3町の間で争いが起きた。妥協策として「宮区」(渋谷・千駄ヶ谷・幡ヶ谷の3つの谷、すなわち「三谷(みや)」と代々木にある明治神宮の「宮」をかけたもの)とする案も出たという。最終的には東京府議会と関係の深い渋谷町議会議員にの圧力で新区名が強引に「渋谷区」とされることになったが、このような経緯は千駄ケ谷町・代々幡町の住民に怨念を残すことになり、千駄ケ谷町では大規模な反対運動も起こった。 渋谷町が他の2町に敬遠されたのは、当時の渋谷がまだ未発達だったことが一番の原因である。昔から交通の要衝として栄え東京を代表する繁華街になっていた新宿と比べ、当時の渋谷はまだ発展途上であり、いまだ「郊外」のイメージがつきまとっていた。しかし、その後渋谷は東京を代表する繁華街として成長し、1970年代以降は若者文化の中心地として君臨するようになる


【お宮参り、お食い初め】
神社、寺院への参拝や作法(儀式)
写真などどうすればいいの

 

赤ちゃんにとって初めての行事であるお宮参りやお食い初め。第一子であれば分からない事だらけですよね。自身も子育て経験があり年間100件以上のお宮参り、お食い初め写真撮影に携わる出張カメラマンがリアルな事情を記載したいと思います

 

お宮参り
 
【お宮参りとは】

赤ちゃんの誕生を祝い健やかな成長を祈る行事

 
【産まれて何日目に行くの?】

正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされていますが、例えば夏や冬うまれの場合、時期が真夏や真冬になってしまい、お子様を筆頭にご家族様、ご親族様も大変になってしまいますので、あえて100日祝い(お食い初め)と一緒に初参りを行う方も増えています。季節関係なくご主人様の仕事の関係等でお宮参りとお食い初めを一緒に行う方も結構おられます
※ちなみに執筆者の私も撮影の繁忙期と子供のお宮参り時期が重なったので100日(に近い日)の際にお宮参りとお食い初めを執り行いました

 
【神社、寺院】

ご祈祷(祈願)を希望する人は目的の神社(寺院)に問い合わせして祈祷の事前予約など必要か確認してください。ご祈祷料(初穂料)は5,000円からの神社(寺院)が多いようです。祈祷中(祈願)の作法は神主や僧侶の方が教えてくれますのでご心配なく

 

ご祈祷(祈願)を受けず参拝する方は賽銭箱にお金を入れ(出来れば1,000円以上)住所と名前、子供が産まれた事の報告とお子さんの名前、子供にご加護をお授けくださいとの趣旨の内容を心の中で丁寧に祈ってください

 
【服装】

礼服や着物が基本とされていますが、神様に失礼のない綺麗な洋服であれば問題ありません。感謝の祈りの気持ちが一番重要です

 
【お宮参り(初参り)用着物】

赤ちゃんに羽織る掛け着は購入やレンタル可能です。掛け着は絶対でなく洋装(ベビードレス)でもよく、普段のお洋服でも構いません(出来るだけ綺麗な洋服が望ましいです)

 
【写真撮影】
・スタジオ

スタジオなら大抵がお宮参り用着物レンタルが可能で、スタジオカメラマンが着付けと写真を撮影を行ってくれます。昔ながらのスタンダードな雰囲気を希望でしたら地元の写真スタジオでよいと思います。おしゃれな感じで残したければグーグルで「お宮参り写真 スタジオ おしゃれ」で検索すると目的のスタジオが見つけられると思います

 
・出張撮影

近年人気があるのが神社(寺院)や自宅、会食場(レストラン)へプロカメラマンが来て撮影してくれる出張撮影です。ここで大切なのはカメラマンの行事に対する知識やモラルとなります。よいお宮参り写真を撮るカメラマンを見つけるコツはホームページのお宮参り写真のギャラリーなどで赤ちゃん用の掛け着が綺麗に着付けされている写真が多数あれば着付けが出来る(もしくは直しが出来る)お宮参りに精通していると考えてよいので、お宮参り写真の知識、撮影アイデアなど豊富に持っているカメラマンで間違いありません

 
・自分達で撮る

今はスマホ内蔵のカメラでもかなり質の高い写真が撮れ、また高級カメラ等を所有している方も多いので自分達で撮るのもよいと思います。三脚など持参される方もおられますが、あまりおすすめ出来ません。他の参拝者の邪魔になってしまうのと、アマチュアの方が持参される三脚はほとんどが軽量なので少しの風などで倒れてしまい、折角のカメラが壊れてしまう可能性が高いからです。またセルフシャッターはインターバルがある為、いい表情を撮るのが難しいです。ここは他の参拝者や神社関係者にお願いするのがベターだと思います。その際に1枚だけで無く複数枚撮るようにお願いするといいと思います。どうしても三脚を使用したい場合は転倒を避ける為に三脚に重りを付ける事と、何枚もシャッターをきる事をおすすめします

 

お食い初め

 
【お食い初め】
・儀式のやり方と順番

男児は男性の左ひざに女児は女性の右ひざに座らせて儀式をしましょう。
※正式には「養い親」といって出席者の中の一番長寿の人(長寿の願いを込めて)が箸を持って行います

 

 祝い膳の正しい食べさせ(食べさせるまね)る順番は、飯、汁物、飯、魚、飯の順番で、3回食べさせるまねをさせます。このうち一粒だけでも赤ちゃんが食べるとお祝いになることからほんの少しだけ赤ちゃんのお口に入れるようにするといいと言われています   その後、歯固めの儀式として、箸の先を歯固め石にちょんちょんとつついて、その箸を 赤ちゃんの歯茎にそっとつけます


・お食い初めの概要

お食い初めとは生後100日ほどが経過した時点で子供が一生食べるものに困る事が無いようにと赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式の事を指します。もっとも、実際に食べさせるのではなく食べさせる真似をするだけです。ですので、用意する料理は離乳食ではなく儀式用の料理、お食い初めレシピとなります。※しかし、100日、110日、120日のどれかでも良いと言われています

 
・どんな食器を使うの?

正式には漆器で高足の御膳に設え器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり男児は内外ともに赤色で女児は黒色で内側が赤色(漆器は、高価かつデリケートな器なので最近は離乳食用の食器に盛り付ける家庭が増えてきています。祝い膳一色を、母方の祖父母が贈る習わしがありますが現在は、離乳食用の食器を贈るケースが増えてます

 
・歯固め石

古くからの習わしでは地元の神社の境内で見つける小石で儀式が終われば境内へ納めましょう「歯固め石」を何故?共するいわれは小石のような硬いものでも食べれるぐらい丈夫な歯を赤ちゃんが授かるようにという願いを込めたものとされたといわれます

 
・献立

一汁三菜が基本です、尾頭付きの鯛(または海老)はお食い初め揃えとは別皿に用意する 

 
・(鯛など尾頭つきの魚)

地方により、ホウボウ科の金頭用いたりする  

 
・(赤飯)

季節によっては栗ごはんや豆ご飯でも大丈夫です

 
・(汁物)

鯛や鯉の入ったお吸い物や蛤のお吸い物が基本ですがベビー用のスープを使う家庭も増加しています

 
・(焚き物)

おめでたい昆布やたけのこなどの旬の煮物です

 
・(香の物)

季節や郷土の名産などを漬け込んだ漬物です

 
・(紅白の餅)
 
・(歯固め石)

地方によっては、高つきに梅干を盛り付けたり、「勝ち栗」を用いたりする 


NEWS

・カメラマン日記を更新しました(24/1/30)
・たからもの写真を更新しました(23/3/7)

更新日 2024年2月8日